2015年08月22日

保命酒って知ってますか?!

 鞆の浦をご存知でしょうか?
古い石造りの常夜灯で有名な港町です。
その町並みも風情があって、最近時々ドラマのロケ地になっています。
ボクはこの地が妙に好きで、これまで何度か訪れています。



11825768_878829928838353_2023020162001749384_n.jpg

 

 保命酒は、そんな土地に350年来続く健康酒であり、味わうお酒です(嗜好品)。
 酒造元は現在4社。
「酒の宝島」が特約店となっているのは、その中の岡本亀太郎本店さんです。




img61760454 (1).jpg
  
 保命酒は、万治二年(1659年)大阪の漢方医であった「中村家」の子息中村吉兵衛氏によって、当時備後鞆の津で醸されていた「吉備の旨酒(現在の味醂酒に準ずる)」に、中国産の薬味を漬け込んで造られた薬味酒でした。
中村家は鎖国の時代、唯一他国に開かれていた港(長崎の出島)に薬草の買付けに船で向かいます。
大阪より出航し出島までの往来の際、潮待ち港である鞆の津に立ち寄る機会がありました。
そこでこの地方(備後)の地酒「吉備の旨酒」に出会い、手持ちの薬味を配し生まれたのが保命酒です。
以来、現太田家住宅の場所で「十六味地黄保命酒」として醸造を始めました。

 現代のように食文化が豊かでない時代、保命酒の持つ甘味と薬効は貴重なものでした。
 「お酒であり、薬でもあった」保命酒は、福山藩を代表する特産品として、大名や豪商相手に高値で売買されていました。
 また、世界遺産に登録された石見銀山の集落から沢山の保命酒徳利が発見されており、当時の人々の活力源として重宝された証といえます。

 保命酒は、桂皮などの薬味十六種を味醂酒に漬け込み、じっくりと成分を侵出させてつくる薬味酒(和製リキュール)です。
アミノ酸を豊富に含んだ保命酒は、健康や美容に大変良いと言われております。
ストレートやオンザロックだけでなく、おしゃれなドリンクバリエーションでお楽しみいただけます。

 保命酒の醸造工程において一番大事なことは、ベースとなる良質の味醂(みりん)を造ることです。
麹の酵素力に依って米の旨みを十分採りだす事で、米由来の甘味や多アミノ酸が味醂(みりん)の中に十分に得られます。
この工程により、甘みは浸透圧でエキスを採り易くし、旨み成分である米由来のアミノ酸はコクを与えてくれるばかりでなく、くさみ消しとしても働いてくれます。
先人の知恵によって育まれた保命酒の伝統的な醸造方法です。
 
 アルコール度数13〜14度。
黒糖や蜂蜜様の中にほんのりと薬味の香りがします。
口に含めば、とろりとした甘味が広がります。
甘いのが苦手な方は、レモン等を入れればスッキリと飲めるでしょう。
 
 ボクは現在、店のカウンターに置いておいて、時々それを飲んでおります。
そうです、夏バテ予防に。
お陰で今日も元気です!
気のせいというハナシもありますが(笑)
 
 
900ml 税別 1680円

鋭意販売中です!
ヤフーストアはこちらから!




posted by チュー at 11:54| 愛媛 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

国菊 あまざけ



 今週のダウンタウンDXで、道端アンジェリカ(ジェシカ?わからん)が云うてました。

「最近ハマってるのが甘酒。飲む点滴と云われるくらい栄養豊富で美容にもいいんです」と。


ここの、3:10辺りです。






 ワタクシメ、つい最近、米と米麹のみで造ったホンマもん甘酒を仕入れて、
今から宣伝していこうと思うとるとこでしたので、
「我が意を得たり」でした。

それがこの、

国菊 あまざけ
900ml  税別 660円
です。

amazake-kunigiku-top.gif

naka_amz_r2_c1.jpg

naka_amz_r3_c1.jpg

naka_amz_r4_c1.jpg

naka_amz_r5_c1.jpg

これに含まれる主な成分は、

・ビタミン
 麹菌によってご飯が発酵される段階で、甘酒にはビタミンB1、B2、B6、
 パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどのビタミンが新たに生まれる。
 美容のビタミンと呼ばれるB群はエネルギーの供給や老廃物の代謝を促し、
 美肌づくりや疲労回復などの効果があると言われています。

・アミノ酸
 米の表面に含まれるタンパク質が、麹菌の出す酵素によって、アミノ酸に
 分解される。甘酒は必須アミノ酸を最も多く含む食品の一つです。
 必須アミノ酸とは人間の体内では合成出来ない10種類のアミノ酸のこと
 を指します。アミノ酸は肌や髪の材料となる大切な成分です。

・ブドウ糖
 甘酒の甘さは、ご飯のでんぷんが麹菌の出す酵素によって、ブドウ糖に
 分解されるために生まれる。甘酒には20%以上もブドウ糖が含まれている。
 ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源であり、摂取すると集中力を高めら
 れると言われています。

その他の有効成分

・ペプチド
血管を拡張させて血行を促し、血圧の上昇を抑えると云われている。

・アスペラチン
強い抗がん作用があり、世界的な注目を集めている。

・アルブチン フェルラ酸
活性酸素を消去する抗酸化作用に優れ、肌や髪の若返りに効果があると云われている。



何より美味い!

今からなら、冷やして、日に180mlを目安にお飲み下さい。

夏バテ防止にいいんじゃないかな!?






posted by チュー at 11:49| 愛媛 🌁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

世界のワイン頒布会

「ワインへの情熱なら誰にも負けない」をモットーに、主にヨーロッパの生産者を訪ね、ワインの味はもとよりワイン造りの物語を伝えるワイン輸入代理店が主催するワイン頒布会です。

ボクが酒屋に成って34年、20年ほど前はこの手の頒布会が雨後の竹の子のごとくありました。
「酒の宝島」も各種扱っていましたが、大手メーカーを含めて、そのほとんどが消えて無くなりました。
そして、最後に残ったのがこの商社のものだけです。

何故でしょう?
それは本物だからです。
変なノベルティで目先を変え、付加価値で集客してきたところのものは悉く消えました。

お客さんはよく知ってます。
「美味しい」から、「信頼出来る」から残ったんだと思っています。

「本物」に出逢えます。
まだ未体験の貴方、是非一度お試しください。


頒布会チラシ14後期表面o.pdf

頒布会チラシ14後期中面o.pdf



2014-09-06 11.24.09.jpg  2014-09-06 11.24.24.jpg  2014-09-06 11.24.44.jpg

右斜め上写真をクリックすれば詳細をご確認いただけます。




◆頒布会取扱要項◆
【頒布会期間】平成26年10月〜平成27年2月の5回 お渡し時期は毎月下旬頃
【頒布会価格】各コース毎月価格×5回
【申込み締切】平成26年9月末日
◆頒布会コース紹介◆
Aコース 赤白2本コース          毎月3,240円(税込)×5回
Bコース ドイツワイン2本コース       毎月3,780円(税込)×5回
Cコース リッチでバラエティな2本コース  毎月5,400円(税込)×5回
Dコース イタリアワイン2本コース     毎月3,780円(税込)×5回
Eコース 珠玉の赤ワイン2本コース    毎月3,780円(税込)×5回
◆おススメポイント◆
頒布会最終月(2月)には希少価値のあるワインを1本プレゼント!
(その月だけ3本になります)
様々なコースの中から、自分に合ったワインを選ぶ近道!
頒布会斡旋価格なので単品で揃えるより約5,000円お得!
メッチャお買い得です!
でもって、気に入ったワインは、お取り寄せ可能ときたもんだ!!



毎月お宅までお届けします!
(勿論無料配達)

お気軽にお申し付け下さい。

posted by チュー at 11:52| 愛媛 ☁| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ハートキッズCLUB会員様特典

logo.png

「酒の宝島」は、ハートWi-Fiスポットです。
そこで、ハートネットワーク様とのコラボ企画、ハートネット様公認のハートキッズCLUB会員様限定特別サービスをご案内exclamation



ダウンロード (2).jpg


   アサヒ スーパードライ350ml缶1ケース(24本)
  通常価格 4514円(税込)を→4320円(税込)




または、
お買い上げ額5千円以上で2百円をお返しします!
さらに、
お買い上げ額1万円以上なら、5百円をお返しします!
(ハートポイント券でのお買い上げでも対応させていただきます)
但し、上記のスーパードライ350ml缶のお買い上げは、カウント外となります。


てことは?
ハートポイント券でうまいことお買い物すると、お買い上げ商品の他に現金もついてくるってことですね(汗)・・・

尚、取り敢えずの期限を2014年12月31日とさせていただきます。

して、他に妙案が浮かばなければ、その期限を更新しますが、思いつき次第ここにアップしていきますので、事前にここをご確認の上ご来店くださいね。

待ってます♪

logo.png
posted by チュー at 12:09| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

直近4年連続最高金賞受賞のボージョレ・ヌーヴォー




 今年もやってきましたヌーヴォーの季節!


bj20011az.jpg




「酒の宝島」イチオシ、今年のヌーヴォーのご案内です。


1006000054yn.gif



それは、まだ、日本ではあまり知られていませんが、フランス国内では高い評価を受け、とりわけ、2008年、2009年、2010年、2011年にフランス・リヨンで行われた、ボージョレ・ヌーヴォー・コンクールで「最高金賞」を4年連続受賞した生産者が手掛けるヌーヴォーです。




img10503361041.jpgテラ・ヴィテス
ボージョレ地区の葡萄栽培者と醸造者たちから始まった全フランス規模の団体名称です。
農薬の使用の制限など自然環境への配慮と徹底した品質管理を行っております。
すなわち、
■環境にやさしい造り ■妥協しない葡萄造り■妥協しないワイン造り
を行っているワインにしか認定されません。

ヴィエイユ・ヴィーニュ & "ノン・フィルター"
樹齢40年以上の特別畑から、葡萄を全て手摘みで収穫し、ボージョレ地区の昔ながらの伝統的な醸造方法で作られ、果実味を十分に残すために、フィルターをかけずに瓶詰めされます。
パスカル・クレメンの技術と伝統の全てを継ぎ込んだすばらしいワインです。





パスカル・クレメンは、1821年にポンタネボーで設立され、ボージョレ地区、マコネ地区を中心に活躍するブランドです。
同社は、ボージョレ地区に独自の研究所を持ち、マコネおよびボージョレ地区のヴィニョロン達に絶大なる信頼を得ております。

ブドウの生育環境を最大限に生かし、ピュアでナチュラルな良さを引き出すため、ヴィエイユ・ヴィーニュの特別畑の葡萄を使い、テラヴィティス認証を受けたワインをフィルターは使わずに瓶詰めしました。

今年は、驚愕のスペシャル・キュヴェをご用意!!




1006000054.jpg  パスカル・クレメン
  Beaujolais Villages Primeur 2012
   ・ 味わい ライトボディ
   ・ 色 赤
   ・ ヴィンテージ 2012
   ・ 産地 フランス ボジョレー
   ・ 品種 ガメイ
    

     容量 : 750ml    税込  2580円


今年の解禁日は11月15日

*ご予約は、コメントか、上のお問い合わせにご連絡ください。



 では、ハナシのネタとして、興味があればどうぞ♪


ボージョレ ヌーボーについて
Beaujolais Nouveau
 ボージョレー ヌーボー は、フランスワインの中でも最も世界的に有名なワインの1つで、2本に1本は輸出されています。
現在は日本がその海外市場のトップになっています。
 そもそも昔は、プレスをしたばかりのこのワインを、ぶどうを収穫してくれた人に配っていました。
中世では、その早い時期での販売が優遇されたため、ワインの保存に関わる問題はありませんでした。
その後も、リヨンのビストロがぶどう畑から最良のワインを選び、その年のワインを飲むという考えを守り続けました。
 ボージョレーヌーボーはこのように、単なるマーケティング上のものではないのです。
また遊び心のある、あらゆる人に人気のあるガメイ種を使っています。
ぶどうを丸ごとマセラシオンする方法により、黒い果実(ブラックベリー、カシス)などの豊かな果実のアロマをすぐに引き出すことができます。
 11月の第3木曜日から発売が許可されています。




ガメイについて
Gamay
 Gamay ガメイ種はガメイ・ボージョレー種とも呼ばれ、この品種とその地域を切り離すこと ができないことをはっきりと示しています。
 世界で生産されているガメイ種のうち60%がボジョレー地方で栽培されており、その痩せた酸性の花崗岩質土壌からは優れた味わい表現を作り出すワインが生産されます。
またブルゴーニュ地方やロワール河流域地方でも栽培しており、北部の気候がこの品種に適していると されています。
フルーティーでフレッシュなアロマは、ブラックベリーやさくらんぼ、イチゴ、西洋スグリといったように幅広く、茶目っ気のある魅力的なワイ ンとして特徴付けます。
軽いタンニンはそのフルーツ感を強く出すと同時に、わずかな酸味によって強調付けられ、毎日の食卓で冷やして おいしく飲んでいただけるワインとなっています。
ボジョレー・ヌーボーはこのように冷やすことで特においしく飲め、喜びと祝いのワインとして造られています。




マセラシオン・カルボニックについて

 マセラシオン・カルボニック。
舌を噛みそうなタイトルですが、簡単に言うとボージョレワイン/ボージョレヌーボの造り方の事です。
ボージョレヌーボーは単なる新酒だと思っている人がとても多いのですが、その年にできた葡萄で造ったワインという他にワインの造り方の上でも大きな特徴があります。
マセラシオン・カルボニックは日本語に訳すと「炭酸ガス浸潤法」と言いますが次のような製法です。
 収穫した葡萄を通常は破砕してブレスしますが、マセラシオン・カルボニック法では破砕せず、縦型の大きなステンレスタンクに上からどんどん入れてしまいます。
タンクの下のほうの葡萄は重さで潰れ果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。
 発酵が始まると炭酸ガスが生成されますから次第にタンク全体が炭酸ガスで充満します。
炭酸ガスで充満したタンクのなかでは潰れていない葡萄の細胞内部で酵素の働きによってリンゴ酸が分解されアルコール、アミノ酸、コハク酸などが生成され葡萄の皮からも成分が浸出します。
 このようにして細胞内の酵素による発酵を利用したものがマセラシオン・カルボニック法です。
ボージョレでは自然に発生する炭酸ガスを利用しますが、人工的に炭酸ガス雰囲気をつくってやっても同じようにワインが生成されます。
 マセラシオン・カルボニック法で造ったワインはタンニンが少ない割りには色が濃く、渋みや苦みが通常のワインより少なくなります。
リンゴ酸も分解されるので味わいのも円やかになり、炭酸ガスにより酸化が防止されるためワインがフレッシュに仕上がります。全体的にライトな感じにでき上がり独特のバナナの様なMC(マセラシオン・カルボニック)香がします。従って新酒の状態でも十分に飲めるものに仕上がるわけです。
ライトな若飲みタイプに仕上がりますので、出荷後は早いうちに飲んでしまったほうが良いでしょう。



posted by チュー at 18:42| 愛媛 ☀| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

桜うづまき にごり酒

a512bc7be5ba190544600ab443db22de.jpg
  

   遅きに失した感ありですが、この時期恒例、「桜うづまき にごり酒」の
   ご案内です。


   愛媛の人ならみなさんご存知、真っ先に出回る新酒です。

   御蔵元のサイトの説明によりますと・・・

   少量(総米1,000kg程度)、多頻度(年間10本程度)の仕込みを
   7月から翌年の3月まで実施することで、年間を通して新酒の
   フレッシュな風味をお届けしています。
   甘口で女性にも人気の一品です。


   ・・・ということで、
   この時期、必ずニュースで取り上げられますよね。

   では、改めてメモを。


★特別な仕込み方法により酒の滓をより多く含んでいます。
 その味わいは、まさに甘酒を飲んでいるかのような 超甘口で
 とっても飲みやすく女性にも人気の「にごり酒」です。

◎愛媛県松山市北条 桜うづまき酒造
★にごり酒
★原材料:米・米麹・醸造アルコール・糖類 
★精米歩合:70% 
★日本酒度:-22 
★酸度:1.1 
★アルコール度 16〜17度   

900ml 840円 1800ml1575円





posted by チュー at 12:31| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

CHATEAU MONT-PERAT 2010



今日の気分はこんな感じ。
ボクは、ポール・デスモンドの円やかなサックスの音色が好きです。
宜しければ、BGMにどうぞ♪






モンペラ入荷しました晴れ


IMG_2227.JPG

金槌だけでは開かず、結局バールも参戦。


 シャトー・ラフィットやシャトー・マルゴーよりも一部で高い評価を受けた事から注目を集め始め、
また国内外のワインコンクールで数々の賞を獲得、さらには、3人の偉大な評論家から絶賛
されているワイン。
 それが、知る人ぞ知る、シャトー・モンペラというボルドーワインです。
その賞賛のコメントはこの通り↓

■アメリカ、ロバート・パーカーは
  まだ名前の知られていない、最高のボルドーワイン!

■マスター・オブ・ワインのジャンシス・ロビンソンは
  カルフォルニアや、その他の地域のカベルネと比較すると、
  このワインは全く素晴らしいワインで、その質と繊細さは他
  の全てのワインを圧倒している。
  必ず手に入れたいワインのうちの一つである!

■デキャンタ誌有名コメンテーターのロジャー・ヴォスは
  グランクリュと同じ品質を持ちながら、格別魅力的な価格を持っている!


IMG_2234.JPG

蓋はなんとか開いたのですが、それを止めていたU字型の針金の親分みたいなやつが
そっくりそのまま残ってしまい、それを全部抜くのに悪戦苦闘・・・




漫画モーニングで連載されるあの『神の雫』で
『パワフルで、そのくせとろけるような甘味とキュンと来るような酸味がグワッと迫ってくる感じ!!』
時価2万円以上のオーパスワンよりも美味しい!!
と圧倒的な評価で取り上げられてから爆発的な人気を博しています。


20080113_0 (1).jpg

IMG_2225.JPG



IMG_2235.jpg

これが今年の顔です。


あのオーパスワンに、かのシャトー・マルゴーに、なんとシャトー・ラフィットにも
勝るとも劣らない評価、絶賛の嵐、伝説のワインがついに入荷しました!

しかも超大当たり2010年ヴィンテージ

いつまでこの価格でリリースしてくれるのか!?
これだけの爆発的人気でも価格高騰しないこの造り手の良心に感服!
『グランクリュと同じ品質を持ちながら、驚きの低価格!!』
これが、世界の認めるモンペラ評です。



「酒の宝島」もその精神にのっとって、良心価格を貫きます!

精一杯の2380円(税込 750ml 1本)



 但し、正直なところ、たったの1ケース(12本)しか入っていません。
今のところ、たったのそれだけ!です。
お早めにexclamation×2


 しかし、お約束は出来かねますが、11月に若干の量、仕入れることが出来るかも知れません。
もし、お気に召したらご予約を入れてください。
極力、それに添える様努力致します。


IMG_2241.JPG


 では、ご来店、お待ち申し上げますぴかぴか(新しい)


 
posted by チュー at 11:48| 愛媛 ☀| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

ライムは如何!?


 ボクは、昼間は「酒の宝島」の店主で、夜はその前にあるWoody Bar チュー太郎のバーテンダーという二足のわらじを履いています。

まあ、どちらも酒を扱う業種。
酒の愉しさをお伝えするのが、ボクのライフワークなのだと覚悟をしておる次第です。


 さて、今日は、バーの必須フルーツであるライムのおハナシです。

以前は、フジさんあたりでバラ売りしてたんですが、もう随分前から見掛けないんです。
大手さんは、単品管理が上等に出来てますから、利益をもたらさないものは切られるようですね。


 そこで、八百屋との兼業でやってる同業者にケースで取り寄せてもらっております。
それが立った今入荷しました!

IMG_1820.JPG

20個が二段で、都合40個入っています。




IMG_1821.JPG

メキシコ産のフレッシュライムが汗をかいています。




IMG_1823.jpg

そいつを1個1個、ラップでキッチリ巻いてゆきます。
こうすると日持ちがするんです。



 さて、ここで閃きました。
酒屋がフルーツ売ってもいいじゃないか!?


そんな訳で、「酒の宝島」では、フレッシュライムのバラ売りしてます。
1個 税込 168円。


 たまには、ライムでジントニックなんてどうですか!?
勿論、ハイボールもグー!






posted by チュー at 16:52| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

モタさんの言葉



motaonline02.jpg


 ロンドン・オリンピックもいよいよ佳境。
日本は、サッカーも水泳も、快進撃ですねえ。
昨晩見た(途中で眠ってしまったけど)卓球の団体戦もいいなあ。

 とはいいつつ、どこを回してもオリンピック一色なのにやや食傷気味になっていた今朝、たまたまNHKで出くわしたのが、「モタさんの言葉」という番組です。

モタさんとは、斎藤茂吉を父に、かのドクトルまんぼうこと、北杜夫を弟にもつ精神科医でありながら随筆家という異色の人で、名前は斎藤茂太(さいとうしげた)と読みます。


今日のは、第6話で、「笑顔はすべてが黄金だ」という言葉でした。
可笑しいから笑うのは当たり前のことで、可笑しくなくても笑ってれば、自然と愉しくなってくるというハナシです。
ボクは常々、「苦しいときこそ笑い飛ばせる人間になりたい」と思ってきました。

そういう人間に対して、
「それでなんかええことあったで?」
なんて嫌みを言う人になってはいけません。

周りの人までなんだか愉快になるような人間に成りたいものです。



 この番組のもう一つの魅力は、全編を通して土台となる、そのイラストです。
とても雰囲気があるし、色や線が優しいのです。

調べてみました。
その作家は、松本春野さんという人で、祖母がかの、「いわさきちひろ」さんということです。
納得です。

その松本春野さんのブログで見つけたのが、NHKのどーがステーションでした。
現在、予定される全20話中、半分の10話がアップされています。


 ボクはここをブックマークしておいて、心がすさんだ時には、時々眺めてみようかと思っています。
貴方も興味があれば覗いてみてください。



今日は、酒にはな〜んも関係の無いおハナシでした。
どうなんでしょうね、こういうの。

酒の情報だけに特化すべきなのか、こういうのもアリなのか?
まだ迷ってはおります(笑)・・・





posted by チュー at 11:09| 愛媛 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

王道楽土



03.jpg




 「酒の宝島」には、地道に売れ続ける米焼酎があります。
それについては、また後日ご案内致しますが、その酒造元が恒松酒造さんです。

なるほど、米焼酎の本場球磨の酒造会社だからなんですね。
そちらが、造った芋焼酎がこれなんです。


「酒の宝島」では、直接送ってもらっています。
長くおつきあいさせてもらいたい造り手さんです。



恒松酒造さんのサイトでは、こう説明しています。

熊本県山江村の農家との契約栽培芋(黄金千貫)をひとつひとつ手作業で選別し、米黒麹1.2トンに対し芋6トンの割合で仕込んだ贅沢な本格焼酎です。
麹菌は厳選した黒麹を用い、無濾過で瓶詰めし、芋本来の風味を大事に残しました。


では、もう少し具体的に。



★王道楽土 最大の特徴は原料芋の比率の高さ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
麹1.2トンに対して主原料の芋を6トン使用。

麹の5倍の量の芋を使用しています。
最大の特徴の原料芋には、熊本県球磨郡山江村の農家と契約して、大事に大事に作られた黄金千貫(こがねせんがん)を使用しています。



★もうひとつのポイントは、仕込み水!
━━━━━━━━━━━━━━━━
焼酎の味を左右するのは何と言っても水!

焼酎造りには、クセのない地下水が最適なんです。
水量豊富な田園地帯の地下80mからくみ上げたこだわりの地下水を使用しています。
贅沢に使った芋と、クセの無い地下水で仕上げられた味わいは、 しっかりとしているのにどこか上品な香りと味わいを感じます。
また、芋本来の甘みをしっかりと感じることが出来ます。

王道楽土は、蔵人の思い入れが深い本格芋焼酎です!
芋の収穫高が限られるため出荷量も限定されます。
無濾過ならではの味わいを是非味わってください!



★ 無濾過へのこだわり
━━━━━━━━━━━━━━━━
芋焼酎「王道楽土」は、無濾過の芋焼酎です。
しかし、無濾過の芋焼酎は、現在のところ大変数が少なく貴重な存在です。

その理由として、機械濾過をせず、冬場の寒冷期に手作業でフーゼル油をすくって除去しています。
フーゼル油とは主に脂肪酸ですが、これは焼酎の旨み成分でもあります。
従って、除去しすぎると旨みの薄い辛い焼酎になります。
手作業でフーゼル油を除去するには、小さい蔵の小さいタンクが最適です。
ゆえに、大きいタンクでまとめて製造することができない焼酎なのです。
無濾過の芋焼酎は、原料の芋が少しでも傷んでいたり、鮮度が悪いと味にストレートに反映します。
そのため、すぐ近くの農家と栽培契約を結び、すべて新鮮な朝掘り芋を使用しています。
その芋をひとつひとつ手作業でカットしていますので、傷んでいる芋を確実に除去できます。
よって雑味がなく、芋本来の純粋で自然な香りと甘さを引き出すことができるのです。
新鮮な芋だけを使用できる環境の蔵だけが製造できる焼酎です。



■生産地:熊本県  恒松酒造本店
原材料:芋(黄金千貫)・米麹(黒麹)
アルコール度数:25度
販売価格:1880円(税別) 1974円(税込)


この造りでこの価格は、宝島の宝物と呼んでいいでしょう。
既に、ボチボチとリピーターさんが増えつつあります。
実は、入手困難になりつつあるそうなので、無理してでも余分に在庫しておきたい商品なんです。


こんな笑い話があります。
POPに、「名前で判断する人にはお勧めしません」と書いてあったんですけど、
あるお客さんが、「これ、お薦めじゃないの?」と。
こちらとしては、「無名の逸品」との意味合いで書いてあったんですけど、以来、そのPOPは撤去しました。
そして、そのお客さんは、今や立派なリピーターさんです。


遠方の方は、通販でどうぞ(他所のお店ですけど)。
お近くの方は是非、送料の掛からない「酒の宝島」で!







posted by チュー at 10:43| 愛媛 ☀| Comment(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
26d940d2f88d400e8d1e66e46afd8ae7.jpg  
 現在、市中に出回っている日本酒の大半は、速醸酛です。
それに対して、山廃酛とは、山卸廃止酛の略語で、文字通り山卸を廃止した酛ということです。
山卸(やまおろし)とは、蒸した米、麹、水を混ぜ粥状になるまですりつぶす工程のことです。
そして、その山卸から丁寧に醸す、昔本来の造り方を生酛造りといいます。
 こうすることで、柔らかな酸と旨味が溶け合い、滋味深く、燗上がりのするお酒が出来上がります。
 「酒の宝島」は、こんないきさつから、生酛造り以外には手を出さないという大七さんの酒造りの姿勢に惚れて、特約店とさせていただいております。
純米生酛、からくち生酛、本醸造生酛を定番商品として常時販売しておりますので、お近くの方は送料の掛からない「ご来店」でお買い求めください!
地図(真ん中が当店です)

「地酒大show 2011」、何と三年連続・三冠独占!で【殿堂入り】
【大七酒造】純米生もと 1800ml