2016年01月31日

ネットストアとスマホHP

 PCをいじりだすと飯を食うことを忘れてしまうタイプですボク。
実は、最近「ヒント」とかいうiphoneアプリの情報で知った「クレヨン」というスマホ対応ホームページ作成アプリをダウンロードしました。

それは、ライトプランなら、無期限・無料とのことです。
じゃあ、試してみない理由は無いと。
ただ、いつものクセでそのまま放置しておりました。

ですが、昨日遅れ馳せながら酒の宝島ヤフーストアを立ち上げた(まだまだこれからですが)のを機に、「スマホ用も」と、
今朝そいつにトライしてみました。

 ウリは、スマホで簡単登録!
なのですが、古いタイプのボクの様な者にも優しく、PCからでもOKなんです。

 しかし、入り口のページ設定で迷路にはまり込んで、時間を浪費。
でもそれをクリアした後はサクサク出来ちゃいます。

迷路の入り口は、トップページの設定の場面で、その部分にカーソルを当てても指マークにならない設定だったがために、編集入り口が分からずウロウロしたのです。

それじゃあと、苦肉の策としてスマホで同じ作業をやってみました。
スマホは、カーソルなんてないので、既成概念がありません。
そうです、その文字を触ってみたら、編集ページに。
それで「ハハン」と気づいた次第です。


 まだトップページだけですが、酒の宝島スマホサイトはこんな感じです。

気が向いたら覗いてみてね!






posted by チュー at 13:55| 愛媛 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ハートキッズCLUB会員様特典

logo.png

「酒の宝島」は、ハートWi-Fiスポットです。
そこで、ハートネットワーク様とのコラボ企画、ハートネット様公認のハートキッズCLUB会員様限定特別サービスをご案内exclamation



ダウンロード (2).jpg


   アサヒ スーパードライ350ml缶1ケース(24本)
  通常価格 4514円(税込)を→4320円(税込)




または、
お買い上げ額5千円以上で2百円をお返しします!
さらに、
お買い上げ額1万円以上なら、5百円をお返しします!
(ハートポイント券でのお買い上げでも対応させていただきます)
但し、上記のスーパードライ350ml缶のお買い上げは、カウント外となります。


てことは?
ハートポイント券でうまいことお買い物すると、お買い上げ商品の他に現金もついてくるってことですね(汗)・・・

尚、取り敢えずの期限を2014年12月31日とさせていただきます。

して、他に妙案が浮かばなければ、その期限を更新しますが、思いつき次第ここにアップしていきますので、事前にここをご確認の上ご来店くださいね。

待ってます♪

logo.png
posted by チュー at 12:09| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

ライムは如何!?


 ボクは、昼間は「酒の宝島」の店主で、夜はその前にあるWoody Bar チュー太郎のバーテンダーという二足のわらじを履いています。

まあ、どちらも酒を扱う業種。
酒の愉しさをお伝えするのが、ボクのライフワークなのだと覚悟をしておる次第です。


 さて、今日は、バーの必須フルーツであるライムのおハナシです。

以前は、フジさんあたりでバラ売りしてたんですが、もう随分前から見掛けないんです。
大手さんは、単品管理が上等に出来てますから、利益をもたらさないものは切られるようですね。


 そこで、八百屋との兼業でやってる同業者にケースで取り寄せてもらっております。
それが立った今入荷しました!

IMG_1820.JPG

20個が二段で、都合40個入っています。




IMG_1821.JPG

メキシコ産のフレッシュライムが汗をかいています。




IMG_1823.jpg

そいつを1個1個、ラップでキッチリ巻いてゆきます。
こうすると日持ちがするんです。



 さて、ここで閃きました。
酒屋がフルーツ売ってもいいじゃないか!?


そんな訳で、「酒の宝島」では、フレッシュライムのバラ売りしてます。
1個 税込 168円。


 たまには、ライムでジントニックなんてどうですか!?
勿論、ハイボールもグー!






posted by チュー at 16:52| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

「酒の宝島」イチオシ


ここは、☆目に云う☆用の中継ページです。

img10084545760.jpg★大分銘醸 麦焼酎25°安心院蔵    img57594069.gif★ハートランドビール


library_is-88.jpg★王道楽土


posted by チュー at 15:23| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

フライングチラシ


水曜日に新聞折り込みとして入れるチラシです。
pdfをブログにアップするのは初めてですが、うまくいくのでしょうか・・・

1207折込オモテ.pdf



なるほど、できましたねぇ。
では、裏面をどうぞ!

1207折込ウラ.pdf

もし、ファイルが開かない場合は、ここからダウンロードすればいいんだと、思います、多分・・・









posted by チュー at 21:54| 愛媛 ☔| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考える人は瓶!


 酒の宝島は、エコでお買い得な小瓶をお薦めします!


img10193437686.jpeg な〜んのこっちゃ?とお思いですか?
それともビールのことだとピンときましたか?

ハイ、そのビールのことなんです。
そも、ビールは瓶入りでした。
ボクがガキンチョの頃は、木箱に24本入りでしたから、結構な重量でしたし、仕切りもなかったですから、がちゃがちゃ五月蠅いもんでした。
おまけに古い箱は底が抜けたり枠が取れそうになったりと、あぶなかっしいものでした。

それが、丈夫で軽いプラケースになり、やがて缶ビールが登場します。
始めは、スチール缶でしたし、缶切りの反対側の穴開けを使わなければ飲めないようなものでした。

この頃は確か、行楽には割れる心配の無い缶入り!
みたいなノリだったかと思います。

それが、アルミになり、プルトップになり、やがてプッシュして缶から離れない飲み口(なんて言えばいいのか判らない)となり、現在に至る訳ですが、この形状の変化と並行して、大きく変わったのが、流通事情です。

ボクが思うに、20年くらい前ですか、大型ディスカウントショップが台頭してきた頃から、徐々にビールは缶入りにシフトしてきました。

何故なら、瓶に比べて嵩張らないので、場所を取らないのと、運賃が安く上がることから、缶をメインに売り出したのです。
片や、買い手の方も、軽くて取り扱いの便利な缶を好むようになります。
(カートにも、車にも積みやすいから、主婦でも買ってこられる訳です)


 でも、反面、資源保護の観点からはどうでしょうか?
アルミの精錬には多大な電力を必要としますし、リサイクルするにもその経費が掛かります。
一説には、アルミから溶出する物質が遺伝子に悪影響を及ぼすというようなことも聞きます。
(勿論、これは裏付けのあるハナシではありません。飽くまで一説です)


 実は、「酒の宝島」では、20年近く前から、スタイニーをお薦めしてきました。
上の画像がそうです。
350mlの缶ビールとほぼ同量、プルトップで栓抜き要らず、リターナブルでエコにもいい。
でも、お薦めすべき魅力満載のこの商品、今はもう幻の品なんです。

なんでだと思います?
3.11.
そう、かの忌まわしき東北大震災の津波によって、そのプルトップを作る工場が壊滅したのです。

メーカーに確認したのですが、「今後もスタイニーの復活は無い」とキッパリ言われました。
ガッカリです。


 でも、根が楽天的に出来ているボクはめげないことにしました。
プルトップではないけれど、まだ各メーカーに小瓶はあるんです。
そこを喜ぼうじゃありませんか。


A2333_I1.1.jpgsakeking_11901.jpgA2331_I1.1.jpg587.1.jpgsakeking_132.1.jpg

プレミアものを除けば、今これだけのビールが入手出来ます。
(すみません、画像が微妙に大きさが違いますが、本物は同じ高さです)

「酒の宝島」ではこれを定番商品としています。


 さて、ここからが本題です。


小瓶は334mlで、ほぼ350mlの缶と同じ容量です。
そして、瓶はリターナブル(回収システム)です。
なので、捨ててしまうアルミ缶の分お得です。

そして、先述したように、資源の無駄遣いをしない、
すなわち地球に優しい瓶ビールを、
今だからこそ見直してください!


IMG_1736.jpg



小瓶6本セット(中味)  税込 1050円(瓶・カゴ保証金130円)
勿論組み合わせはお好みでチョイスしていただけますよ♪


ケース30本入り(中味) 税込  5040円(瓶・ケース保証金 400円)
24本換算だと 4032円



さあ〜
待ってますよ〜〜〜♪





posted by チュー at 11:23| 愛媛 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

宅地、建物について、プロの意見を聞いてみたい方へ


 ボクが懇意にさせてもらっている一級建築設計士さんのハナシによると、宅地建物の法律は、年々変わっているそうで、昔は宅地として認められた土地でも、道がかりの関係などで、今は建てられないことが、ままあるようです。

例えば、中古住宅を購入する場合、建て増しは可能か?リフォームはどうするか?など、ちょっとその道のプロの意見を聞きたいなんてことはありませんか?

 また、新築するにしたって、個々の条件によって、何処に依頼すればいいのかも微妙に違ってくる筈です。
病気にしたってそうですよね、一人の医師に全てを委ねるのではなく、別の医師の見解も聞いてみる。
セカンド・オピニョンって言うんですか?
昨今それが当たり前になっているそうですね。
そりゃそうだ、たった一つの命ですもの。
万全を期すのは当たり前。

 しかし、これが建築の世界になると、なかなかそうもいかない。
結局、住宅メーカー数社から相見積もりを取るのが関の山、なんてことないですか?

 とはいえ、いきなり一級建築設計士の門を叩くのは勇気のいることですよね。
たっかいこと言われるかもしれんし(笑)
 
 そんな方、ご相談ください。ご紹介致します。
その道30余年、経験豊富なプロです。

ご相談はこちらから

代金?勿論、無料です。お気軽に!


posted by チュー at 20:07| 愛媛 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返却無期限図書館始めました。


 ボクは本が好きなんです。
だから、どんどん増えていって、置き場に困るんです。
しかし、ブックオフで買ってもらうにも、値段のつかないものがほとんど。
捨てるのも勿体ないし、手間が掛かるし。

そんな人、結構いるんじゃないでしょうか。
出番のないままの本達が泣いているかも。

 そこで、考えました。
不要になった本を持ち寄って、その中から読んでみたいものがあれば、気軽に持ち帰ってもらいたい。
勿論、返却期限なんてありません。

 そうすることで、より多くの人に読まれた方が、本達は幸せなんじゃないでしょうか。
持って帰るだけでも構いませんよ。
(但し、1回1冊までとさせてくださいね。)



好きな本、雑誌あげます。
要らない本、雑誌ください。



IMG_1735.JPG



実は最上段も本で埋めたいんです。
その爲に、この古いレミー・マルタンを、次の売り出しで、訳あり早い者勝ち商品にする予定です。

お近くの方、7.18(水)の新聞折込をご確認ください!





posted by チュー at 18:37| 愛媛 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印刷代行致します♪

 
 先日、輪転機を買いました。
これからまた、チラシをどんどん配っていこうと決めたので、どうしても必要に迫られました。
これで3台目です。

当たり前の事なのでしょうが、新しいのになるほど印刷のレベルが上がっています。
今度のは、デジタルファイルをそのまま印刷出来ますので、より綺麗に刷れます。


これは、自分だけが使うのは勿体ない。
そこで、より多くの人に利用してもらうことにしました。
(てか、以前もやってたんですけどね)


dfef633202aa293502a688bb7173b8d6.jpg




では、料金体系です。

基本料金  100円
印刷料金(A4サイズ・B4サイズ) 各1円
(例えば、100枚の印刷の場合  100円+100枚×1円=200円)

用紙をこちらが準備する場合 A4サイズ 2円  B4サイズ 2.5円
(例えば、A4サイズを100枚印刷する場合
               100円+100枚×2円=300円)

単価が低いので税別表示です



もうお分かりでしょうが、この機械は、ガリ版印刷の進化形ですから、まず、マスターというガリ版を作ってから印刷しますので、コピー機のように少部数を焼くのとはタイプが違います。

ですから、20枚以上印刷するような時に利用してください。

紙原稿でもいいですし、PDF原稿をUSBメモリに格納したものでも対応出来ます。
(当店のPCには無いソフトで作った原稿は開くことが出来ませんので、必ずPDF化してください)
印刷はボクにお任せください。

店が立て込んでなければ、即対応させていただきます。
そうですねえ、例えば、100枚程度の印刷なら10分以内にやっちゃいますよ。

お気軽に〜♪




posted by チュー at 17:55| 愛媛 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
26d940d2f88d400e8d1e66e46afd8ae7.jpg  
 現在、市中に出回っている日本酒の大半は、速醸酛です。
それに対して、山廃酛とは、山卸廃止酛の略語で、文字通り山卸を廃止した酛ということです。
山卸(やまおろし)とは、蒸した米、麹、水を混ぜ粥状になるまですりつぶす工程のことです。
そして、その山卸から丁寧に醸す、昔本来の造り方を生酛造りといいます。
 こうすることで、柔らかな酸と旨味が溶け合い、滋味深く、燗上がりのするお酒が出来上がります。
 「酒の宝島」は、こんないきさつから、生酛造り以外には手を出さないという大七さんの酒造りの姿勢に惚れて、特約店とさせていただいております。
純米生酛、からくち生酛、本醸造生酛を定番商品として常時販売しておりますので、お近くの方は送料の掛からない「ご来店」でお買い求めください!
地図(真ん中が当店です)

「地酒大show 2011」、何と三年連続・三冠独占!で【殿堂入り】
【大七酒造】純米生もと 1800ml