2016年08月27日

クラフトビールとは

クラフトビールとは
 日本はもとより、世界でもっとも消費されているアルコール飲料といえばビールです。
スッキリとした爽やかな味わいで、世界中の人々を魅了しています。
しかし意外と知られていないのが、その種類の豊さや歴史の深さです。
ヨーロッパでは400年ほど前にはすでにビールが盛んに生産されており、地域、気候、宗教、原料など、さまざまな影響を受け多様なビールが育まれました。
こうした伝統を尊敬しつつ、味わいを追及する、小規模生産者たちがつくるビールがクラフトビールなのです。
そして、飲む人に喜びをあたえ、すてきな暮らしのエッセンスになることがクラフトビールの魅力だと思います。

クラフトビールの品質について
 クラフトビールはフレッシュな味わいが魅力。
日本国内で発売されているクラフトビールは、無濾過・非加熱処理で出荷されるものが多く、できたてのフレッシュな味わいを楽しむことができます。
しかしビールの中には生きた酵母が入っているため風味が変りやすく注意が必要です。
商品に書かれている要冷蔵や賞味期限の表示をよく確かめて楽しんでください。


クラフトビールの価格について
 やや割高ですが、その味わいは格別。
クラフトビールは、大手ビールメーカーの製品と比べると2倍〜3倍の値段がつけられ販売されています。
この価格の違いにはいくつかの事情がありますが、その大きな理由は大量生産によるコストダウンがはかれないこと。
そしてもっとも注目すべきことは原料の使用量や品質が違うことです。いいかえれば味わいの違いといえるでしょう。
クラフトビールは喉の渇きを癒してくれるばかりでなく、香り、風味の豊かさ、複雑さを楽しんでいただくため一般的なビールより高額となっています。


クラフトビールの味わい方
 クラフトビールを美味しく飲むには、ビールの温度に注意をはらうことが大切です。
もちろん種類によって適温は様々ですが、冷蔵庫から取り出してやや温度が上がったところが良いかもしれません。
ちょうど赤ワインのように、少しだけ温度をあげて飲むと、それまで感じることができなかった、素晴らしい香りや味わいを楽しむことができます。またグラスの形状を選ぶことによって、より優れた味わいを引き出すことが可能です。

理想的な温度とグラス
大手メーカーのビール・・・・・・・・・・・・・・・7℃前後/ゴブレット
ピルスナーなどドイツ系ビール・・・・・・・・・・・9℃前後/フルート・ゴブレット
ペールエール・スタウトなど英国・米国系ビール・・・13℃前後/タンブラー
バーレイワイン・オールドエールなどの濃色ビール・・15℃前後/シェリーグラスなど
*おおまかな目安なので、ビールによって理想的な状態は変ります。


クラフトビールの楽しみ方
 味わいを見わけると、クラフトビールの世界が広がります。
クラフトビールには、欧米の歴史や文化に育まれたさまざまなスタイルが存在します。
ピルスナー、ペールエール、スタウトなど、約100種類にもおよぶ分類があります。
多くの醸造家たちはこのスタイルをベースにビール造りをおこない、愛好家たちは味わいを見わける時に活用しています。
すべてのスタイルを把握するのは至難の業ですが、8種類程度のスタイルを理解するだけでクラフトビールの世界が大きく広がるはずです。


クラフトビールの保存について
 冷蔵庫で保管して、早めに飲むのが理想的。
日本国内で販売されているクラフトビールの多くは、無濾過・非加熱処理タイプですので保存には10℃以下の冷蔵保管が必要です。
また加熱処理がほどこされたビールは常温での保管が可能ですが、いずれの場合も、早めに飲むほうが本来の美味しさを堪能できます。



posted by チュー at 16:02| 愛媛 ☀| ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コエドビール(クラフトビール)


 コエドビールさんの特約店になりました。
5種類全てを揃えてあります。
是非ともお試しください。

クラフトビールとは

コエドブルワリー (埼玉)
 コエドビール(COEDO)は埼玉県川越を拠点としたコエドブルワリーが提供する、非常に魅力的なビールです。
ドイツの醸造技術を取り入れ、日本で磨きをかけ、日本オリジナルのおいしいビールを作り上げました。

 COEDOのレギュラービールは、色の和名を与えられ、瑠璃(Ruri)、伽羅(Kyara)、漆黒(Shikkoku)、白(Shiro)、紅赤(Beniaka)の5種類です。
それぞれに際立つ個性を持つおいしいビールです。

 コエドビール(COEDO)紅赤(Beniaka)は、世界的なコンテストであるヨーロピアンビアスター2010でゴールドメダルを受賞するなど数々の賞を受賞しています。



ノーブルホップのエレガントな香りが魅力
コエドブルワリーの定番アイテムの中で、もっとも爽やかな味わいのビールが瑠璃-Ruri-です。
1278142200.jpg
現在、世界中で最も飲まれているピルスナーというスタイル(大手メーカーのビールと同様な風味)でつくられています。
色合いはゴールド、ノーブルホップのエレガントな香りと、苦みがこのビールのおおきな魅力です。
誰もが美味しく感じるスムーズな味わいのビールです。

商品名:コエドブルワリー・瑠璃-Ruri-
ブルワリー:コエドブルワリー
産地:埼玉県入間市
タイプ:ラガー(下面発酵)
ビアスタイル:ピルスナー
テイスト:爽やか
価格:276円(税別)
アルコール度数:5.00%
容量:333ml
原材料:麦芽・ホップ


日本人の味覚に合うようなスッキリとした味わい
コエドブルワリーが定番アイテムとしてリリースしている伽羅-Kyara-は、同社のオリジナルレシピによってつくられたビールです。

1281936462.jpg原料に6種類のモルトを使うことによって、甘み、深み、香ばしさを混在させ、飲みごたえのあるテイストに仕上げています。
また、発酵にもさまざまな工夫(低温発酵・長期熟成)が取り入れられており日本人の味覚に合うようなスッキリとした味わいをつくりだしています。
「濃いめのビールが苦手」という方にも楽しんでいただけるスムーズな味わいが魅力です。

商品名:コエドブルワリー・伽羅-Kyara-
ブルワリー:コエドブルワリー
産地:埼玉県入間市
タイプ:ラガー(下面発酵)
ビアスタイル:オリジナル
テイスト:カラメル
価格:276円(税別)
アルコール度数:5.00%
容量: 333ml
原材料:麦芽・ホップ



ローストした麦芽の風味を楽しむ大人のビール
コエドブルワリーの定番アイテムの中では、最も濃厚なタイプがこの漆黒-Shikkoku-です。

1276329110.jpgドイツの伝統的なビールであるシュバルツというタイプです。
色合いは、ほぼ真っ黒で、ローストした麦芽の風味に満ちています。
しかし味わいは意外にもスムーズで飲みやすさを感じさせてくれます。
これは、一般的な黒ビール(スタウト)は、エールタイプ(上面発酵)であるのに対して、漆黒はラガータイプ(下面発酵)でできているからです。
喉ごしよりも、ローストした麦芽の風味を楽しむ大人のビールです。

商品名:コエドブルワリー・漆黒-Shikkoku-
ブルワリー:コエドブルワリー
産地:埼玉県入間市
タイプ:ラガー(下面発酵)
ビアスタイル:シュバルツ
テイスト:ロースト
価格:324円(税別)
アルコール度数:5.00%
容量:333ml
原材料:麦芽・ホップ


川越いもを加えて、爽やかで複雑味のある味わいを表現
コエドブルワリーが定番アイテムとしてリリースしている紅赤-beniaka-は、同社のオリジナルレシピによってつくられたビールです。
1276236118.jpg
地元、川越で栽培されているサツマイモ「紅赤」を石焼きして仕込みタンクに加えているといいます。
ベースとなっているのはエールタイプのビールで、川越いもを加えることによって、爽やかで複雑味のある味わいを醸し出しています。
また、心地よい甘みが印象的で、どことなく和のテイストを感じさせてくれます。
2010年米国で開催されたワールドビアカップでも入賞経験をもつ完成度の高いクラフトビールです。

商品名:コエドブルワリー・紅赤-beniaka-
ブルワリー:コエドブルワリー
産地: 埼玉県
タイプ:エール(上面発酵)
ビアスタイル:オリジナルスタイル
テイスト:カラメル
価格:390円(税別)
アルコール度数:5.00
容量:333ml
原材料:麦芽・ホップ
*酵母が活きていますので、保管は要冷蔵です。


ソフトで滑らかなタッチと、果実のような風味
コエドブルワリーが定番アイテムとしてリリースしている白-Shiro-は、南ドイツの伝統的なヴァイツェンというビアスタイルでつくられています。
1278141508.jpg
一般的なビールとは異なり、小麦を多用することから、白濁したクリーミーな味わいが大きな特徴です。
中世のバイエルン地方ではこの小麦が大変貴重であったため王侯貴族しか飲めなかったといいます。
従って、特別なビールという認識がドイツには残っているようです。
COEDO 白は、やや赤みがかったアンバー、原料に由来するソフトで滑らかなタッチと、果実のような風味が調和してが絶妙なテイストをつくりだしています。

商品名:コエドブルワリー・白-Shiro-
ブルワリー:コエドブルワリー
産地:埼玉県入間市
タイプ:エール(上面発酵)
ビアスタイル:ヴァイツェン
テイスト:フルーティー
価格:362円(税別)
アルコール度数:5.5%
容量:333ml
原材料:麦芽・ホップ
*酵母が活きていますので、保管は要冷蔵です。

月間Pen8月1日号 おいしいクラフトビールで取り上げられました。
2016-08-27.jpg





posted by チュー at 15:55| 愛媛 ☀| ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

金賞受賞の快挙! 球磨焼酎 かなた 720ml

4981498000405_d_large.jpg

2016 ロサンゼルス・インターナショナル・スピリッツ・コンペティション
ゴールドメダル受賞の快挙!

球磨川の清らかな水と丁寧に磨いた米から生まれた、新しい本格焼酎。
飲むほどにゆっくり広がってゆくほのかな香りが、あなたを時間のかなたへと誘います。
20度では軽すぎる、25度では重すぎる。21度がちょうどいい。
お気に入りのグラスを用意して、オンザロックで楽しんでください。

お近くの方は送料の掛からないご来店で。
遠方の方は酒の宝島ヤフーストアをご利用ください。











61909_bn.jpg



新・本格焼酎 かなた
21度、720ml  税別 1080円
【飲み方】 ストレート、ロックがお勧めです。水を加えるならちょっとだけ。
【原材料】 米、米麹

 日本酒の吟醸香を思わせるフルーティさと減圧蒸留によるシャープさ併せ持ったキレのいい米焼酎です。
口に含むと米の上品な甘さが舌の奥に広がります。
フルーティな香りと、米本来の甘さが見事に解け合い、後に残るキレが潔さを醸し出します。
そして、生粋の味わいを大切にするために、敢えて設定したアルコール度数21度というところに、この焼酎の気品を感じます。
 限りなくキレを追求した日本酒。
こう言い切るのは乱暴でしょうか?(店主の感想です)
そいつを確認するためにも、是非一度お試しください。




posted by チュー at 16:57| 愛媛 ☁| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
26d940d2f88d400e8d1e66e46afd8ae7.jpg  
 現在、市中に出回っている日本酒の大半は、速醸酛です。
それに対して、山廃酛とは、山卸廃止酛の略語で、文字通り山卸を廃止した酛ということです。
山卸(やまおろし)とは、蒸した米、麹、水を混ぜ粥状になるまですりつぶす工程のことです。
そして、その山卸から丁寧に醸す、昔本来の造り方を生酛造りといいます。
 こうすることで、柔らかな酸と旨味が溶け合い、滋味深く、燗上がりのするお酒が出来上がります。
 「酒の宝島」は、こんないきさつから、生酛造り以外には手を出さないという大七さんの酒造りの姿勢に惚れて、特約店とさせていただいております。
純米生酛、からくち生酛、本醸造生酛を定番商品として常時販売しておりますので、お近くの方は送料の掛からない「ご来店」でお買い求めください!
地図(真ん中が当店です)

「地酒大show 2011」、何と三年連続・三冠独占!で【殿堂入り】
【大七酒造】純米生もと 1800ml




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。