2016年01月31日

ネットストアとスマホHP

 PCをいじりだすと飯を食うことを忘れてしまうタイプですボク。
実は、最近「ヒント」とかいうiphoneアプリの情報で知った「クレヨン」というスマホ対応ホームページ作成アプリをダウンロードしました。

それは、ライトプランなら、無期限・無料とのことです。
じゃあ、試してみない理由は無いと。
ただ、いつものクセでそのまま放置しておりました。

ですが、昨日遅れ馳せながら酒の宝島ヤフーストアを立ち上げた(まだまだこれからですが)のを機に、「スマホ用も」と、
今朝そいつにトライしてみました。

 ウリは、スマホで簡単登録!
なのですが、古いタイプのボクの様な者にも優しく、PCからでもOKなんです。

 しかし、入り口のページ設定で迷路にはまり込んで、時間を浪費。
でもそれをクリアした後はサクサク出来ちゃいます。

迷路の入り口は、トップページの設定の場面で、その部分にカーソルを当てても指マークにならない設定だったがために、編集入り口が分からずウロウロしたのです。

それじゃあと、苦肉の策としてスマホで同じ作業をやってみました。
スマホは、カーソルなんてないので、既成概念がありません。
そうです、その文字を触ってみたら、編集ページに。
それで「ハハン」と気づいた次第です。


 まだトップページだけですが、酒の宝島スマホサイトはこんな感じです。

気が向いたら覗いてみてね!






posted by チュー at 13:55| 愛媛 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

大七 新酒 雪しぼり 微発泡性にごり酒


こいつも あいつと一緒に久しぶりに宝島にたどり着きました。

215 .jpg



「大七」の商品は通常1年以上熟成させてから出荷されていますが、「雪しぼり」は唯一の新酒です。
正統的な生もと造りならではの優れた発酵力を活かし、瓶内で二次発酵させた本醸造生貯蔵のうすにごり酒です。
 シャンパンのように微発泡性のにごり酒。
優しい涼しげな香りと、果実のような上質な甘みがきれいに広がり、ピリッとした炭酸ガスが爽やかさを演出する新感覚の日本酒です。
 旬の野菜の天ぷら、ししゃもフライ、わかさぎのフライ、菜の花・セリのおひたしなどとの相性がよく、また、メロン・桃・洋梨などのフルーツ、生ハムとメロンなどと一緒に食前酒、または乾杯酒にもぴったりです。


おいしくお飲みいただくための温度の目安
よく冷やす 8℃前後 ○
少し冷やす 10〜13℃ ○

大七 新酒 雪しぼり にごり酒  税別 1300円

■酒質内容 本醸造生貯蔵酒 ■内容量 720ml
■原料米 五百万石 ■精米歩合 69%
■日本酒度 −2 ■酸度 1.3
■アルコール 14% ■アミノ酸度 0.8
■産地 福島県 ■醸造元 大七酒造
■化粧箱 なし
■保存方法 冷蔵


お近くの方は是非、送料の掛からない【ご来店】でお求めください。
遠方の方は【酒の宝島ヤフーストア】をご利用ください。





 
posted by チュー at 16:41| 愛媛 ☁| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大七 新酒 雪しぼり 本醸造生原酒


今年もこいつが宝島に渡って来ました!



【要冷蔵】大七 雪しぼり 本醸造生原酒 720ml 税別 1400円
【しぼりたて】【生酒】【なま酒】【冷酒】

img58806264.jpg


新酒ならではの「瑞々しさ」
厳寒な新春を迎える頃、酒蔵では新酒の搾りが盛んに行われます。
若々しくも荒々しい。
しかし、そんな新酒にしかない新鮮な瑞々しい香味。
ほとんどの酒が火を入れ半年以上熟成させて出荷される中、厳寒なこの時季にだけ許される生原酒での贅沢な味わい。
未熟なようで青々しくも、このフレッシュな力強い味わいと香り。
雪を眺めながら、おつまみも無しでオンザロックもいいですよ。

img58806142.jpg
【要冷蔵】大七 雪しぼり 本醸造生原酒
冬季限定で発売される冬の濃厚で新鮮な味覚の日本酒。
搾りたてならではのフレッシュ感と原酒の濃厚な味わいを是非!


生酛造りの豊醇なしぼりたて原酒。
新酒ながらも練り上げられた密度の濃さに、生酛ならではの風格を感じるでしょう。
フレッシュで力強い酒躯と新鮮な料理の出会うとき、酒と料理とが渾然としてたまらない美味しさです。

原産地:福島県
アルコール度数:18度
精米歩合:編平69%
日本酒度:+3
酸度:1.5
アミノ酸度:1.0





posted by チュー at 15:56| 愛媛 ☁| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
26d940d2f88d400e8d1e66e46afd8ae7.jpg  
 現在、市中に出回っている日本酒の大半は、速醸酛です。
それに対して、山廃酛とは、山卸廃止酛の略語で、文字通り山卸を廃止した酛ということです。
山卸(やまおろし)とは、蒸した米、麹、水を混ぜ粥状になるまですりつぶす工程のことです。
そして、その山卸から丁寧に醸す、昔本来の造り方を生酛造りといいます。
 こうすることで、柔らかな酸と旨味が溶け合い、滋味深く、燗上がりのするお酒が出来上がります。
 「酒の宝島」は、こんないきさつから、生酛造り以外には手を出さないという大七さんの酒造りの姿勢に惚れて、特約店とさせていただいております。
純米生酛、からくち生酛、本醸造生酛を定番商品として常時販売しておりますので、お近くの方は送料の掛からない「ご来店」でお買い求めください!
地図(真ん中が当店です)

「地酒大show 2011」、何と三年連続・三冠独占!で【殿堂入り】
【大七酒造】純米生もと 1800ml